ご利用案内

三島由紀夫文学館について

文学館外観

「山中湖文学の森・三島由紀夫文学館」は、三島由紀夫の唯一の文学館として、自然豊かな山中湖畔に1999年(平成11)7月3日にオープンしました。直筆原稿、創作・取材ノート、書簡、絵画、写真資料、著書、研究書、翻訳書、雑誌、映画・演劇資料等を所蔵し、資料の収集、整理、保存に努めています。現在、所蔵資料の一部を展示し、映像や検索用パソコンからも、三島の劇的な生涯や三島文学のすばらしさにふれることができます。

当館の所蔵資料の特徴としては、三島が十代に執筆した作品の多いことです。今まで三島が学生時代にこれほど多くの作品を執筆していることはまったく知られていませんでした。当館の資料によって、初めてこのことが明らかになりました。そして、これらの十代の資料のなかには、小説、評論、詩歌、戯曲、書簡、創作ノートといった数多くの新資料が含まれ、不朽の名作を生み出した確かな源泉を汲み取ることができます。

2階には閲覧室があり、図書、雑誌等の閲覧、コピーサービスを行っています。

▲このページトップへ戻る

開館時間

午前10時〜午後4時30分(ただし、入館は午後4時まで)

休館日

毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合はその翌日)

12月29日〜1月3日

資料点検日(不定期)

※ゴールデンウィーク期間(4月28日〜5月6日)は月曜日も開館。

【休館日のお知らせ】
《2014年》
【6月】 2日(月)・9日(月)・16日(月)・23日(月)・30日(月)
【7月】 7日(月)・14日(月)・22日(火)・28日(月)

入館料金

料金表
  一般 高・大学生 小・中学生
個人 500 300 100
団体 450 250 50
身障者 250 150 50

※三島由紀夫文学館・徳富蘇峰館との両館共通チケットです。

※団体料金は、10名様以上となります。

※身障者の方は、身障者手帳をご提示ください。付添いの方は1名様まで割引料金となります。

※専門学生、短大生、大学生、大学院生の方は学生証をご提示ください。

※身障者手帳、学生証の提示が無い場合は、一般料金となります。

映像について

『世界の文豪 三島由紀夫』(第1部「生涯と作品」、第2部「豊饒の海」)を製作・映像化。 展示室内にて第1部(30分)、第2部(24分)を繰り返し上映しています(上映時間54分)。 なお、上映は午後4時30分までとなっていますので、あらかじめご了承ください。

閲覧室のご利用について

閲覧室の利用時間は、午前10時〜午前11時30分、午後1時30分〜4時30分となります。
 閲覧室のご利用には、閲覧と特別閲覧がございます。

【閲覧】 ※ お申し込み当日にご利用できます
三島由紀夫の著書、他著書、雑誌、紀要等の収蔵資料を二階閲覧室で閲覧できます。ご利用には一階受付で申請書のご記入と、保険証、運転免許証などの身分証明書の提示が必要です。

【特別閲覧】 ※ お申し込み当日のご利用はできません
特別閲覧は予約制です。
特別資料(原稿・創作ノートなど)を二階閲覧室で閲覧できます。 ※ コピー資料での閲覧となります。
特別閲覧をご希望の際は、特別閲覧申請書 (PDF) でお申込みください。閲覧日の5日前までに申請書を必着でお願いします。後日、「特別閲覧許可書」をお送りしますので、当日ご持参ください。

詳しくは、閲覧についてをご覧ください。 (必ずお読みください)

【閲覧室 休室日のお知らせ】
平成26年 6月28日・29日、7月18日・19日・20日は、
閲覧室を休室させていただきます。お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

▲このページトップへ戻る

団体予約について

10名様以上から団体割引となります。→ 料金表

団体入館の予約

【メールでお申込の場合】 〈メールアドレス〉 info@mishimayukio.jp
    下記項目“様式@”をコピーして、必要事項をご記入の上、メールでお申込ください。   

【FAXでお申込の場合】〈FAX〉0555-20-2656 
    団体予約申請書(PDF)を印刷して、必要事項をご記入の上、FAXでお申込ください。

【お電話でお申込の場合】 〈電話〉0555-20-2655 
    団体名、来館予定日、来館時間、予約人数、代表者名、電話番号、旅行代理店名(担当者名)、
    当日連絡可能な方のお名前と携帯番号、映像をご覧になる場合はご希望の映像作品をお知らせください。

【団体での映像鑑賞】

団体での映像鑑賞をご希望の場合は、予約の際にお申し出ください
  下記の作品の中から、ご希望の映像を上映いたします。
  (すべての映像をご希望された場合の上映時間は、約1時間10分です。)

 ************************************************************************************************
      【三島由紀夫文学館】
            「世界の文豪 三島由紀夫」   
              第一部「生涯と作品」(約30分) ・ 第二部「豊饒の海」(約24分)
       【徳富蘇峰館】
            「徳富蘇峰 〜近代日本の旗手〜」(約15分)
************************************************************************************************
  ※団体で映像鑑賞をする場合は、徳富蘇峰館(視聴覚室)で上映いたします。
  ※視聴覚室の使用状況により、お断りさせていただく場合もございます。ご了承ください。
      

団体入館についてのお願いとお知らせ

●入館料は責任者が一括してお支払いください。

●ご来館当日、最終確認の為、必ずご連絡をお願いいたします。特にキャンセル及び予約変更があった場合は、必ずご連絡をお願いいたします。

●団体の下見をされる場合でも、入館料をいただいております。ご了承ください。なお、下見の時と展示内容が異なる場合がございます。

●ご予約なしでの団体入館の場合、チケットの準備などで、多少お時間がかかりますので、ご了承ください。

様式@

================= 様式@(メール用) コピーここから ================
  ◆ 団体予約申請書 ◆
       団体名 
       来館予定日 
       来館時間 
       予約人数/ 大人      人  / 高校・大学生      人  / 小・中学生      人
       代表者名 
       電話番号 
       来館方法 
       旅行代理店名・担当者名 
       当日連絡可能な方のお名前/携帯番号 
       映像(ご希望の映像を記入してください。希望しない場合は、「希望しない」とご記入ください)
================== 様式@(メール用) コピーここまで =================

 

▲このページトップへ戻る

車いすなどでご来館されるお客様へ

●駐車場から、車いすのまま入館できます。

●館内は、バリアフリーになっています。

トイレについて
車いす用のトイレは、徳富蘇峰館にあります。 注)三島由紀夫文学館には、車いす用トイレはありません。
トイレ内には、一部手すりを設置してあります。

車いすの貸出について
車いすの貸出をしております。ご利用の際は受付にお申し出ください。 注)車いすは、三島由紀夫文学館、徳富蘇峰館に各1台ずつご用意しておりますが、ご利用状況等によって、貸出できない場合もございます。

●身障者手帳を受付にてご提示いただきますと、割引料金となります。

文学の森・専用駐車場について

●専用駐車場完備
普通車(50台)、身障者用(2台)、大型バス専用(4台)駐車できます。
駐車料金は無料です。

コインロッカー

●コイン・ロッカーを設置してありますので、ご利用ください。 
注)三島由紀夫文学館はリターン式のロッカーですが、徳富蘇峰館は有料となります。

▲このページトップへ戻る

注意事項

●展示室内での筆写、撮影、飲食等はご遠慮ください。

●展示室内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。

●他の入館者の観覧の妨げとなる行為はご遠慮ください。

●陳列品には絶対にふれないでください。

●館内は禁煙です。

●ペットとご一緒の入館はご遠慮ください。 注)補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬など)は除きます。

●入館券は1枚につき、お一人様一回、当日限り有効です。

●事前に切り離した入館券は、無効となります。

●入館券はいかなる場合も再発行いたしません。

山中湖村の皆様へ

●山中湖村の村民の方は、村民証明書、住民基本台帳カード、保険証、運転免許証のいずれかをご提示いただきますと、無料で入館できます。村民証明書をご提示いただきますと、村外にいる家族5名様(本人含む)まで無料で入館できます。

●ウェルカムカードをお持ちの方は、カードをご提示いただきますと、家族5名様(本人含む)まで無料で入館できます。

▲このページトップへ戻る

お問合せ先

三島由紀夫文学館
〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
TEL 0555-20-2655 FAX 0555-20-2656
メール info@mishimayukio.jp

▲このページトップへ戻る